観光タクシーの種類について

小型乗用車は5ナンバー枠車の車です。車体の長さ4.6メートル以下、乗車定員5名以下という決まりがあります。観光タクシーの中でも比較的安く利用することができます。普段街などでよく目にするタクシーです。車体もあまり大きくなく、小回りが利きやすいといった特徴から、近場を観光したい時や少しの移動をしたい時には適しています。

中型は一般的なタクシーで、この大きさなら大体のことがことたります。小型観光タクシーよりも費用は少し高くなりますが、車内もやや広めでゆったりとくつろげるといった点がメリットです。そのため、空港などの送迎や長時間の利用に使用すれば長距離移動も疲れを感じることが少なくなります。上質なシートを使用しているため、足腰が弱く体への負担が大きいご年配の方、せっかくなら贅沢気分を味わって旅行をしたい方、または記念日や大切な日の演出にもおすすめの観光タクシーでもあります。

大切な顧客を接待する時など、ビジネスシーンにおいて活躍するのがハイヤータイプの観光タクシーです。黒塗りが基本で、車輌の上には看板が付いていません。車種はクラウンやフーガはもちろん、高級車種であるメルセデス・ベンツをはじめ、レクサスなどを用意している観光タクシー会社もあります。接待で利用する場合や、演出したいといった場合には、中型タクシーよりこういった高級車種のプランを選ぶのが良いでしょう。

ジャンボタクシーは、10名未満で利用することを想定したワゴン型の観光タクシーのことを指します。車内は完全なプライベート空間になっており、ゆったりと利用できるのが大きなメリットでしょう。観光のときだけでなく、荷物が多くなるレジャーにもご利用いただけます。キャンプやスキーといったアウトドアの際には大いに役立つでしょう。友人たちと集まってレジャーに行く際におすすめです。

その他、福祉タクシーという種類もあります。これは、車椅子での移動が必要な方や、高齢者の方を対象にしたタクシーです。体を自由に動かす方が困難といった方が、少しでも快適に利用できるような工夫を取り入れた特殊な構造となっているため、ご年配の方たちでも安心して利用できます。乗降もしやすくなっているので、足腰が弱い方にとっても嬉しいところです。このタクシーは、車椅子に乗ったまま車への乗り入れができるため、ご高齢の方と一緒に出掛ける家族旅行では大変重宝します。喜寿、米寿など、ご高齢者のお祝いの際に利用するのに適した観光タクシーでしょう。